ハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CW:ハッセルブラッドマニヤ〜ハッセルブラッドに魅せられて〜

スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CW

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CW


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CWは1996年12月に発売が開始されてから現在まで進化し続けているカメラです。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)Vシステムを継承する現行モデルのハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CWは、多種多様な写真撮影のシーンにおいて、ロケ現場やスタジオ撮影現場でのニーズの変化に常に対応しているカメラなのです。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CWには、パワーウインドウ/IRリモートオプションを
備えていますから、ハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CW初期Cシリーズ現在のCFi/CFEシリーズまでのハッセルブラッド(HASSELBLAD)のレンズを使用できるようにサポートされている機種でもあるのです。
ハッセルブラッド(HASSELBLAD)503CWに組み込まれているレンズ式シャッターは、シャッタースピードが1秒から1/500秒までの全てのシャッタースピードにおいてTTL対応フラッシュで同調撮影が可能になっていますし、フィルム巻上げ作業に関してもWinder CWにより置き換えられているいますので、人間工学上最も人間が手に持って撮影を行なうことに適したカメラともいえるカメラかもしれません。
posted by H&B at 10:59 | ハッセルブラッド500Cシリーズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。