ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズ:ハッセルブラッドマニヤ〜ハッセルブラッドに魅せられて〜

スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズ


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズ

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズはハッセルブラッド(HASSELBLAD)500Cにモーターを無理やりに内蔵したことにより結構不恰好に仕上がって仕上がっているが利点も多いカメラである。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズは、モーターが内蔵されたことによりシャッターを切ったあと次のフィルムがチャージされている状態になることで、ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500Cシリーズで起きたレンズが本体より外れなくなるといった現象が殆ど起きなくなってるのである。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELはシャッターを切ったと自動的に巻上げがスタートされることでミラーの戻りも確実に行なわれ復元されている状態に戻るので、一般的な35ミリ一眼レフカメラ同様な感覚で取り扱うことが可能になった中判カメラと言っても良いのではないでしょうか?

そして何より驚くことにハッセルブラッド(HASSELBLAD)500Cやハッセルブラッド(HASSELBLAD)5000CMよりもハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELの方がより安く手に入れることが可能と言える点ではないでしょか。
posted by H&B at 18:26 | ハッセルブラッド500ELシリーズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。