ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズ :ハッセルブラッドマニヤ〜ハッセルブラッドに魅せられて〜

スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズ


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズ


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズは、ドイツのカールツァイス社製ビオゴン38mmF4.5レンズが固定されている超広角撮影専用に開発されたカメラシリーズで、カールツァイス社製ビオゴンレンズの描き出す描写性能は他のカメラの追随を許さない物です。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズはハッセルブラッド(HASSELBLAD)愛好者なら一度は購入を検討していると思われるカメラだとも思います。

1954年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWA(スプリームワイドアングル)として発売され1955年SW(スーパーワイド)に省略され1959年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCの発売へとつながりその後、1959年にSWC/M・1977年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)903SWC・2001年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)905SWCへとその血筋は受け継がれて行くこととなって行きます。
posted by H&B at 15:04 | ハッセルブラッドSWCシリーズ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。