ハッセルブラッド500ELシリーズ:ハッセルブラッドマニヤ〜ハッセルブラッドに魅せられて〜

スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELの復活


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELを復活させる・・・


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズの500EXLまでの機種の充電式バッテリーの充電器の紛失等によりバッテリー充電を行なえない愛しのハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズを復活させたいと思っているハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズオーナー結構いると思われます。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズを復活させるために必要なことは充電式バッテリーの復元を行なえれば問題は解決すのですが・・・

実際問題として充電式バッテリーを手に入れることは可能なのであるが充電器を手に入れることは結構大変で手に入れることは不可能とも言える作業になるのではないでしょうか?

しかし、ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズを復活させる方法が存在しているらしいのですが、管理人も模索中なのです。
posted by H&B at 13:02 | ハッセルブラッド500ELシリーズ

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELの価格


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELの価格

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズのは価格は結構安価で手に入れることが出来る機種でもありますが・・・

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズの全てが安価で手に入るわけでもありません。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズの中で安価な価格で手に入れることが出来る機種はハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELXまでではないでしょうか。

それではなぜにハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズの500EXLまでが安価で手に入れることが出来るのでしょうか・・・

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズは初期型から500EXLまでのボディーは充電式バッテリーを使用することが大前提に作られているボディーなのである点ではないでしょうか。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズが安価で手に入る理由は、充電式バッテリーを充電するための充電器が紛失等により失われてしまっていることが最大の理由として挙げらるのである。
posted by H&B at 16:10 | ハッセルブラッド500ELシリーズ

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズ


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズ

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズはハッセルブラッド(HASSELBLAD)500Cにモーターを無理やりに内蔵したことにより結構不恰好に仕上がって仕上がっているが利点も多いカメラである。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELシリーズは、モーターが内蔵されたことによりシャッターを切ったあと次のフィルムがチャージされている状態になることで、ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500Cシリーズで起きたレンズが本体より外れなくなるといった現象が殆ど起きなくなってるのである。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELはシャッターを切ったと自動的に巻上げがスタートされることでミラーの戻りも確実に行なわれ復元されている状態に戻るので、一般的な35ミリ一眼レフカメラ同様な感覚で取り扱うことが可能になった中判カメラと言っても良いのではないでしょうか?

そして何より驚くことにハッセルブラッド(HASSELBLAD)500Cやハッセルブラッド(HASSELBLAD)5000CMよりもハッセルブラッド(HASSELBLAD)500ELの方がより安く手に入れることが可能と言える点ではないでしょか。
posted by H&B at 18:26 | ハッセルブラッド500ELシリーズ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。