ハッセルブラッドSWCシリーズ:ハッセルブラッドマニヤ〜ハッセルブラッドに魅せられて〜

スポンサードリンク



スポンサードリンク

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SW


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SW(スプリームワイド)

1955年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWAの改良版として発売されたハッセルブラッド(HASSELBLAD)SW(スプリームワイド)。

改良点はシャッター取り付け部分が非常にもろかったために鏡同部分の改良と共にシャッター部分の強化であった。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWはシャッター取り付け部分の鏡同が強化されたことで、非常に実用性が高くなったといえるのではないでしょうか?



ペット健康便
posted by H&B at 19:10 | ハッセルブラッドSWCシリーズ

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWA


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWA(スプリームワイドアングル)

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWA(スプリームワイドアングル)はカールツァイス社製ビオゴンレンズのために開発されたと言っても良いと思われるカメラで、カールツァイスからとても良い広角レンズが出来たからプロ用にこのレンズを使用したカメラを製作して欲しいとハッセルブラッド(HASSELBLAD)のもとへ話しがあったとされているカメラです。

しかし、カールツァイス社製ビオゴンレンズはミラー式の一眼レンズカメラでは使用できない構造であったために、ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWA(スプリームワイドアングル)は、ピント合わせを目測で行なう形のカメラとして発売されました。
posted by H&B at 17:47 | ハッセルブラッドSWCシリーズ

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズ


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズ


ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズは、ドイツのカールツァイス社製ビオゴン38mmF4.5レンズが固定されている超広角撮影専用に開発されたカメラシリーズで、カールツァイス社製ビオゴンレンズの描き出す描写性能は他のカメラの追随を許さない物です。

ハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCシリーズはハッセルブラッド(HASSELBLAD)愛好者なら一度は購入を検討していると思われるカメラだとも思います。

1954年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWA(スプリームワイドアングル)として発売され1955年SW(スーパーワイド)に省略され1959年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)SWCの発売へとつながりその後、1959年にSWC/M・1977年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)903SWC・2001年にハッセルブラッド(HASSELBLAD)905SWCへとその血筋は受け継がれて行くこととなって行きます。
posted by H&B at 15:04 | ハッセルブラッドSWCシリーズ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。